本工法は、深さ50cm程度までの表層崩壊を長期間の保全することが出来ます。
超耐久性の金網をロックボルトで固定するので、不安定な落石やモルタルの落下も防げます。

本工法で使用する金網は、一般環境では100年以上の耐久性を有しています。また、高耐久性仕様のエポキシ樹脂塗装鉄筋ではなく、メッキボルトなどとの組み合わせも可能です。