お問合せ連絡先
HOME
本工法は、会員に関係なく資材購入と施工ができます
ダウンロード 標準積算資料 設計図面ファイル 構造計算プログラム 積算例プログラム
会社概要
設計概要
設計マニュアルPDF
構造図PDF
施工概要
施工例
施工マニュアルPDF
施工実績
施工例写真PDF
軟質地山の状況と施工例
 
文献紹介
設計支援室
質問と回答
PN型の案内
 
LL補強土工法パンフレット
 
施工例
斜面の上半分はN=1程度の極軟質層
(火砕流堆積物の極風化帯)
工事前に3回崩壊したのり面もLL補強土工施工で安定化した。
老朽化のり面対策

老朽化したモルタル吹付けのり面の上にLL補強土工を設置し老朽化のり面対策を実施した。
軟質法面への追加工法
切土工事中に判明した軟質法面に、追加工法としてLL補強土工を実施した。
法枠が破壊された現場修復
法枠が破壊された現場修復にLL補強土工を法枠の間に追加して施工した。
この1年後は、植生に覆われ構造物は見えなくなる。
砂防ダム袖部の崩壊防止対策
砂防ダム袖部の急勾配掘削にLL補強土工を適用した。
掘削により崩壊する可能性がある不安定な地山であったが、 安全に工事をできた。
PH3の強酸性土の現場
温泉の熱気があるPH3の強酸性土の現場で地表と法枠に変状が発生し、LL 補強土工を追加施工した。
2011年9月の和歌山県を襲った集中豪雨でも安定であった。
 

  長寿補強土
メールでのお問合せはコチラ
TEL099-275-9234  Mail er-info@bronze.ocn.ne.jp  
長寿補強土梶@ 郵便番号891-0103 鹿児島市皇徳寺台4丁目51番7号 特許3558603号 特許 3803272号